足ケアにヨーグルト、と言ってもヨーグルトを食べるわけではありません。
今回紹介するのはヨーグルトを足に塗って美肌ケアしようというものです。
ヨーグルトで美肌になるの?と思ってしまいがちですが、実はヨーグルトに含まれるフルーツ酸がカギなのです。

古い角質をはがすピーリングにはフルーツ酸が使われます。
一般的にはAHA(リンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸)と呼ばれますので、こちらの方がなじみ深いかもしれません。
他にもBHA(サリチル酸、トリクロール酸)と呼ばれるものがありますが、日本人の肌には刺激が強いとも言われています。

ピーリングをすると古い角質がはがれ、同時に日焼けなどによってできたメラニン色素も剥がれ落ちていきます。
太ももやふくらはぎに使っても効果的ですが、おすすめしたいのはかかとです。
かかとは角質で覆われたり乾燥したりしやすいので、フルーツ酸を含むヨーグルトでケアしてみましょう。

ヨーグルトで肌ケアする方法

まずヨーグルトはプレーンタイプのものを選びましょう。
フルーツや砂糖の入ったヨーグルトは肌に負担をかける可能性があるので使わない方がよいでしょう。

ヨーグルトによる肌ケアが効果があるのは入浴後、あるいは入浴中です。
ケアしたい部分をさっと洗った後に、ヨーグルトをマッサージするように塗ってみてください。
そのまま1~2分ほどおいて洗い流してください。
これを3~5日繰り返すと、見違えるほど肌がきれいになります。
特にかかとなどは効果が見えやすいです。

さらに肌ケアしたいときは

さらに保湿などをしたいときは、ヨーグルトに白砂糖を混ぜてみてください。
砂糖はとても保湿力が高く、床ずれなどを治療する場合にも使われています。
ヨーグルトに混ぜることによって、ヨーグルトのピーリング+砂糖の保湿とダブルでキレイになれるのです。

家にある食材で簡単に美肌ケアができるので是非試してみてくださいね。