夕方になると足がむくんでつらい、足が疲れる・・・なんて経験ありませんか?
実は足のむくみには筋肉が大きく関係していると言われています。

筋肉は身体のめぐりを促す効果があるのですが、筋肉が疲弊したり緊張して硬くなってしまうとその作用が弱くなってしまいます。
身体のめぐりが悪くなると老廃物がたまり、むくみや冷えに繋がってしまうのです。
特に桃の外側にある大腿筋膜張筋やふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋、骨盤周辺にある中殿筋が硬くなると身体の不調だけではなく、足のかたちが悪くなったりするなどの問題も出てきます。
これらの筋肉をほぐしておくことが足のむくみや美脚の基本なのです。

足の筋肉をほぐすには?

足の筋肉である大腿筋膜張筋や下腿三頭筋、中殿筋をほぐすには外部からのマッサージが有効です。
筋肉は緊張と弛緩を繰り返しているのですが、緊張したとき(力が入った時)はエネルギーを使って老廃物を出します。
反対に弛緩しているときは溜まった老廃物を血管を通じて運び足しています。
しかし、あまりに動かさなかったりしていると、緊張しっぱなしになってしまい老廃物がどんどんたまってくるのです。

そこで外部からの刺激によって筋肉のコリをほぐすことによってめぐりを良くしていくことができるのです。

足の筋肉のほぐし方

足の筋肉をほぐすには”筋肉を掴む”ことが有効です。
お尻から足首までを順に掴んで離すを繰り返していくと、筋肉がもみほぐされ柔らかくなってきます。
痛気持ちいくらいの強さで掴んでみてください。
特にお風呂に入っているときなど体全体が温まっているときが効果的です。

足の筋肉をほぐしていくと、足全体がじんわりとかくなってきます。
1~2回では足やせ効果は実感できませんが、2週間くらい続けると足がすっきりしてくるのが実感できるかと思います。

足のマッサージはセルライト予防にも効果がありますし、家でカンタンできるので是非試してみてくださいね。